美容ネタ

夏の汗のかき方と付き合い方

更新日:

 

こんにちは!吉田です。

 

最近気温が高い日が多いので、掃除するだけで汗が噴き出してくる吉田ですが、皆さんの汗かき度はどれくらいでしょうか?

 

汗のかき方の差は、3歳までに汗腺を使わないと汗をかき難い体質になると言われています。

 

汗腺の数は、なんと生まれた時から変わらないのです!

 

だから、体の小さい赤ちゃんの皮膚には、汗腺がびっしりということなんです。

 

汗には、暑かったり緊張したり運動した時などにする発汗と、感じることはありませんが絶え間なく皮膚から蒸発している汗の2種類に大別されます。

 

後者は、肉眼ではわからない水蒸気となって蒸散している汗で、この汗だけでも1日に1~1.5Lも汗をかいて、皮膚の角質層を潤わせています。天然の保湿です(^^)

 

日本の夏は高温多湿ですので、湿度が高いことで皮膚が乾燥しにくくもなりますが、汗をかくことでも乾燥から肌は守られやすくなります。

 

汗には角質を柔らかくする作用のある尿酸や乳酸が含まれていますので、汗をかくと肌がツルツルします(ベタベタもしますが)

 

ですが、敏感傾向の肌の人は、汗の成分や老廃物が刺激となることもあります。

 

汗をかくことはとっても大切、でも汗をかいた後のスキンケアも重要です!

 

★汗をかいたら優しくタオルなどで拭きましょう
★汗を大量に書いた後、また夜などには必ずお風呂やシャワーで汗を流しましょう
★汗を吸ってくれる素材の肌着、速乾機能のある素材の服がオススメ

 

夏場は湯舟に浸からないという方も多いかと思いますが、エアコンの効いた生活の多い方、特に運動などであまり汗をかかない生活の方は、ぜひ1日1回しっかり汗をかくのがお勧めです。

 

なぜなら汗腺も使わないと機能が鈍ってしまい良い汗をかき難い体質になってしまいます!

 

お風呂で1日の汚れを落とし、良い汗をたっぷりかき、そして水分をしっかり摂る!ぜひ毎日の習慣にしてください\(^o^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました☆

  • この記事を書いた人
吉田純子/Facial Salon Tensionオーナー

吉田純子/Facial Salon Tensionオーナー

美容と健康オタク。自分とお客様の美容のため、日々様々な情報の収集と勉強には余念がない。スキンケアはダーマロジカ一筋!

-美容ネタ

Copyright© Facial Salon Tension , 2018 All Rights Reserved.