まつげエクステ豆知識

まつげパーマ後のエクステについて

投稿日:

最近新規でご予約いただいたお客様から、少し前にまつげパーマをかけたとのことで
「パーマが残った状態でもエクステできますか?」という質問を数件いただきました。

一昔前はエクステはパーマをかけてから付けるというサロンがあった時代もあるのですが(今もあるかもしれませんが・・・笑)
今現在はそうしたサロンもほとんどないかと思います。

パーマのかかり具合(残り具合)にもよりますが、基本的にはパーマがかかっていてもエクステは可能です。
ただしオススメできない理由はいくつかあります。

まず1つ目は、エクステがバラけやすいということ。
これはパーマのかけ方の技術によってあまり問題ないこともありますが、パーマ後後半まつげの向きがバラバラになってしまうようなパーマですとエクステも向きが乱れ易くなってしまいます。

そしてエクステのもちが通常より悪くなる可能性が高いことがあげられます。
これもパーマの残り具合によってはエクステのもちにほとんど影響がないこともありますが、
多くの場合でしっかりとした接着面がとれないことでエクステが取れ易い状態になりやすいのです。

また、まつげも傷み易くなりますので、可能であれば期間を1~2ヶ月程度空けてから施術を受ける方が良いですね。

ただ、まつげの長い方のエクステなどの場合、まつげ自体にもパーマがかかっていた方がより目元のイメージがすっきりした印象になりますので、悪いことばかりではないのも事実ですね。

まつげパーマをかける場合、その後エクステをされたいようなイベントがないことを事前にご自身でチェックしていただけますと余裕を持ったプランが組めるかと思いますよ(^-^)b

  • この記事を書いた人
吉田純子/Facial Salon Tensionオーナー

吉田純子/Facial Salon Tensionオーナー

美容と健康オタク。自分とお客様の美容のため、日々様々な情報の収集と勉強には余念がない。スキンケアはダーマロジカ一筋!

-まつげエクステ豆知識

Copyright© Facial Salon Tension , 2018 All Rights Reserved.