まつげエクステ豆知識

ボリュームを出す近道は危険がいっぱい


上まつげ180本コース+下まつげ50本
かなりまつげが多くて太いお客様がつけまつげ風を希望されて施術した時のお写真です
これだけボリュームが出せるエクステが出来るまつげは50人に1人くらいです



エクステに求めることとして、長さやカール感を重視される方も少なくありませんが
圧倒的に多いのが濃さやボリューム感です


つけまつげからエクステに変えられる方の場合「つけまつげのようなボリューム」を希望されます


お友達のエクステを見た方ですと「あのくらいのボリューム感がほしい」といった感じでご要望をおっしゃいます


でもエクステはまつげ1本に1本のエクステを付けるもの、まつげの状態に大きく左右されますよね


つまり 自まつげの本数=エクステの本数 が限界なのです


しかも細いまつげが多かったり、生え途中のまつげばかりだったりしますと
そうしたまつげにはあまり付けられませんから自まつげの本数分エクステが付けられないことがほとんどです


でもエクステが超こゆ~いお友達のまつげは少ないみたいだけどどうして?
ということもあるでしょうね


それは簡単、太いエクステをたくさん使っているからです


エクステの太さは0.1mm、0.12mm、0.15mm、0.18mm、0.2mm、0.25mmが存在する太さですが
全ての太さを扱っているメーカーは少ないです



右から0.1mm、0.15mm、0.2mm


当店では0.1mmと0.15mmが基本の施術で使用するエクステで
0.2mmをボリュームタイプとしてオプション設定(別料金)にしております


私の見た限りでは、この界隈のエクステをつけるお店で多いのが
どのまつげにも0.2mmと0.25mmといった太いエクステを付ける施術です


でも人間のまつげの太さってどのくらいだと思いますか?


日本人のまつげの平均は0.1mmで、太い方でも0.15mmぐらいがMAXです


そんな繊細な日本人のまつげに最適なエクステのサイズは、もちろん0.1mm~0.15mmというわけです


太いエクステは簡単にボリュームが出ますが、その分まつげへの負担はかなり大きくなります


また使用するグルー(接着剤)の量も増えますから、同時に人体への危険性も高くなるのですよ


当店も昔は0.2mmは無料でしたが、有料にしたのにはエクステが細いものに比べて高いという点よりも
出来れば止めていただきたいからなのです


それぐらい、まつげに負担がかかり、毛周期を乱し、まつげが減り易いということを
経験として実感しているからなんですね


ですから私はボリュームタイプを希望されるお客様にはデメリットを先にお話しております


一時的なボリュームアップでしたら良いですが、
そうでなければまずはまつげのケアをしっかりしていただくことをおすすめしております


まつげのケアをするとしないのでは雲泥の差なんですよ~ホントに


お客様が1~2ヶ月お手入れをさぼるだけで簡単に気が付きますから(笑)


まつげの本数はお手入れを頑張っても潜在的に限界があるのだと思います


でも生えてるまつげが健康で太くなれば、少し太いエクステでもしっかり支えられる土台となってくれます


美しさを追求する女性には、ぜひインナービューティーも追求していただきたいですね

  • この記事を書いた人
吉田純子/Skincare Center Tension代表

吉田純子/Skincare Center Tension代表

毛穴とニキビの専門家。毛穴詰まりとニキビは毛穴と皮脂のトラブルです。長年の毛穴詰まりやニキビに悩まれている方が肌悩みから開放されて、女性に生まれてきて良かった!と思っていただけるよう美容でお手伝いをさせていただいております。

-まつげエクステ豆知識

© 2020 Skincare Center Tension