サロンブログ

サロン選びは慎重に・・・

2014.05.18 23:10 | カテゴリー: まつげエクステ豆知識

過去にも何度となく書いてきたエクステの危険性について・・・


エクステサロンですが、声を大にして言いたいのは


エクステは危険です!危ないことがたくさんあります!


つい先日もニュースでエクステ被害や危険性についての報道がされていたそうで
私はお客様から聞いて知ったのですが(^^;


何人ものお客様がお話してくださりましたので
今一度ブログにも書きたいと思います


かなり長いのでお茶とお菓子をお持ちいただきまして・・・(笑)




エクステは危ないのか?これは間違いなく危ないものなのですよ


だから本当はやらないことが一番の安全です(誰も来なくなったら私は廃業ですが)


こんなにエクステが安易な状態に広まってしまったのは
商材メーカーや教えるスクールに原因があると思いますが
正しい知識や技術を身につけないまま導入するサロンが多いのが現状です


眼球や敏感な皮膚のすぐそばで行うエクステは
一歩間違えば大事故が起こっても不思議ではないのです


どんな接着剤を使用するのかはかなり重要ですが
起きている事故のほとんどは技術不足・知識不足が原因によるものばかりです


弱い接着剤を使用しても技術が悪ければ事故は起きます


強い接着剤を使用していても技術力があれば大きな事故は起こり難いです
(アレルギーが発症する方は必ず出ますよ)


技術が甘いサロンが弱い接着剤を使用してることはほとんどないと思います


なぜなら弱い方が扱いが難しい点が多く
結果お客様にもより満足いただけない可能性が高いわけで・・・


強い接着剤であれば技術が足りなくてもそれなりの持続性は発揮されますので
そんなこともあり多くのサロンが強い接着剤を使用するのかもしれません
(もちろん持続性優先で技術のあるサロンも使用しています)


私はエクステは絶対安全ですとは言いません
もちろん私だって危険な事故を起こしかねません


だからこそ、カウンセリングは慎重に行うべきですし
施術には安全を重視した最大限の配慮が重要ですし
何より、多くの方にアレルギー症状やグルーによるトラブルが起きないように
刺激の少ない医療グレードのグルーを使用しています


危険な行為だからこそ、絶対に守らなくてはならないことがありますし
私は大切なお客様に今の持続性を良くするためだけに
危険な選択(強いグルーを使用する)をすすめることは止めています


医療グレードのグルーはもちが必ずしも悪いというわけではありませんので
強いグルーよりももちが良くなるというお客様もいらっしゃいますが
中にはどうしてもご満足いただける持続力を発揮できない方もいらっしゃいます


そんなお客様にはリペア頻度を上げていただかなければなりませんし
金銭的にも負担が増してしまうのは申し訳ない気持ちでいっぱいです


しかし「安全<持続性」という判断をしてはダメなのだと
自分自身に強く言い聞かせ続けている永遠のテーマです


話が大きく反れた気がしますが・・・(^^;


皆さん、エクステサロン選びは慎重になさってくださいね!


明日はサロンはお休みです、美容の見本市に行ってまいります♪


wpid-DSC_1914.jpg


我が家の外猫ジョージくん、去年はカエルを食べてお尻から虫が出ました(笑)

オンライン予約はこちら